法律で賭博行為は禁じられていますが、パチンコは遊技と認められています。

パチンコは賭博ではない?

 

パチンコには一般的に「ギャンブル」というイメージがあります。

 

ギャンブルとは日本語で言えば賭博のことで、日本では賭博行為を行うことは原則的に禁じられています。

 

ですから、パチンコが一般のイメージ通りにギャンブルであったとすれば、これは違法行為だということになります。
果たして、パチンコは賭博なのでしょうか?それとも賭博とは別の行為なのでしょうか?

 

「賭博」は刑法によって禁じられている

古典的な賭博である花札

我が国においては、賭博を行うことはそれが公営のものである場合を除いて原則的に禁じられています。
その根拠となるのは、刑法185条のいわゆる賭博罪に関する法文です。

 

刑法185条には、
「賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。」と書かれています。

 

ただし書きにある「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるとき」というのは、具体的には勝った方が今日の夕食をおごるといった場合のことを言います。
つまり、たとえ賭博に当たる行為をしたとしても、小額の賭けであればお咎めなしというのが現状です。

 

パチンコは賭博に当たるのか?

 

さて、そこで問題になるのがパチンコが刑法で定められた賭博罪に該当するのかどうかです。

 

刑法では、
「偶然の結果に対して財産的価値のある賞品(財物)が提供される場合には、その行為を賭博とみなす」
と書かれています。

 

これの分かりやすい例は競馬競艇といった公営ギャンブルです。

皆さんもご存知のように、公営ギャンブルでは予想が当たった場合に金銭を受け取ることができます。

 

これは間違いなく「財産的価値のある賞品(財物)」なので、公営ギャンブルは完全なる賭博だということになります。

 

翻って、パチンコの場合にはどうなのでしょうか?

パチンコの出玉

パチンコ店では、まず客が現金と引き換えに遊技玉(出玉とも呼ばれる)を借り受けます。

 

そして、客はその遊技玉を使ってパチンコ台で遊び、その結果として増減した遊技玉を今度は特殊景品と呼ばれるものに交換します。

 

客は、この特殊景品を次に景品交換所に持ち込み、現金と交換して貰います。

 

パチンコ店では、大まかに言って以上のような行為が行われているのですが、問題はこれらの行為の内に賭博罪の対象になる行為があるのかどうかです。

 

結論から先に言ってしまうと、以上の一連の行為の中に賭博罪の対象になる部分はありません。

 

確かに、遊技玉を特殊景品と交換しこれを再び現金と交換するという部分は一見すると、
上記の「財産的価値のある賞品(財物)が提供される場合」という個所に抵触しているように見えます。

 

ですが、特殊景品自体には財産的価値は認められませんので、パチンコが賭博罪の対象になるということはありません。

 

また、何らかの商品を提供すること自体も風営法において遊技の一部として認められています。
ですので、パチンコは何ら法律に反することの無い「遊技」であると言うことができます。

 

ただし、パチンコ店の運営者と景品交換所の運営者が同一である場合には、実質的に賭博罪の対象になる行為が行われていることになるため、
その場合には違法行為が認められることになります。

また、「偶然の事実に対して財物を賭けること」という刑法上の定義に照らしてみると、パチンコ自体が賭博であることは間違いないと言えます。

ページの先頭へ戻る