専門家への相談と家族の協力がなければ、ギャンブル依存症を完治することはできません。

ギャンブル依存症の症状

 

我が国でもカジノ解禁が決まったことで、カジノ(またはギャンブル自体)に対する関心が非常に高まっています。

 

そして、奇しくもこれに伴ってギャンブル依存症に対する関心も高まってきています。

 

従来の公営ギャンブルに加えて今後はカジノが導入されることになるわけですから、当然ながらギャンブル依存症に陥る人の数も増えていくことが予想されます。

 

そこで今回は、ギャンブル依存症にきちんと対処するためにも、ギャンブル依存症の症状にどのようなものがあるのかを紹介していきたいと思います。

 

ギャンブル依存症は精神疾患である

ギャンブル依存症のイメージ

「ギャンブル依存症」と言うと、詳しい知識をお持ちでない方は単なるメディア用語流行り言葉のように考えてしまいがちです。

 

また、ギャンブルに依存してしまう人に対してはこれまで、
「意志が弱い」
「性格が未熟」
「お金にだらしない」

といった印象がもたれてきました。

 

そして、こうした認識がギャンブル依存症に対する対策を大幅に遅らせてきたとも言えます。

 

しかし、実際にはギャンブル依存症は単なる個人の性格の欠陥ではなく、れっきとした精神疾患なのです。

 

ギャンブル依存症が精神疾患であるということは1970年代から指摘されていましたが、こうした認識が広まってきたのはごく最近のことです。

 

ですので、今後もギャンブル依存症に関しては、それが精神疾患であるという認識を広く定着させていく必要があります。

 

ギャンブル依存症の症状

 

一般的に、「依存症」と呼ばれる疾患には以下に挙げる特徴があると言われています。

  • 特手の物や行動に対して強く渇望するようになる
  • 欲望を我慢することが困難になる
  • 離脱症状(主に手が震えたり、幻視、発汗、不眠など)が現われるようになる
  • 渇望する物や行動に対する耐性がなくなる
  • 特定の物や行動以外への関心が低下する
  • 望む物や行動への障害があるにも関わらず、無理をして継続してしまう

 

こうした特徴はアルコール依存症や薬物依存症などほとんど全ての依存症に当てはまります。

 

そしてこれはギャンブル依存症に関しても全く同じことが言えます。
具体的には、ギャンブル依存症の方には以下のような症状が発症します。

  • ギャンブルを強く渇望するようになる
  • ギャンブルをしたいという欲望が止められなくなる
  • ギャンブルをしていない時に手が震えたり、集中力が低下したり、発汗したり、感情が乱れたりする
  • 周りに止められてもギャンブルを続けてしまう
  • ギャンブル以外のものに関心を持てなくなってしまう
  • お金が無くなっても借金をしてまでギャンブルを続けてしまう

 

身近な人にこの様な症状が見られた場合、その人はまず間違いなくギャンブル依存症に陥っていると考えられます。

 

また、こうした症状に加えて、ギャンブル依存症はいくつかの疾患や障害を併発する可能性もあります。
具体的には、アルコール依存症、統合失調症、うつ病、摂食障害、生活習慣病などです。

 

いずれにせよ、ギャンブル依存症に対しては早期の発見と適切な治療が必要になります。

 

家族がすべきこと

家族による手助け

ギャンブル依存症は、自らの意思や欲望をコントロールできなくなる疾患(病気)ですから、家族の助けが必要になる場合があります。

 

しかし、依存者の家族が無理にギャンブルを止めさせようとすると、返ってギャンブルに対する欲望や執着を助長することになりかねません。

 

ですので、依存症の度合いがよほど深刻でない場合を除いては、無理に止めさせようとしない方が得策です。

 

それよりもむしろ必要性が高いのは、専門家による診察と治療です。

 

どのみち、ギャンブル依存症を本人だけの力や家族の協力だけで完治させることはできませんので、症状がはっきりしたら一刻も早く専門家の意見を仰ぐのが賢明です。

 

ページの先頭へ戻る